二重まぶたにする整形を仙台で行いました

自分の中で納得しているというところが良かった

それが一年ぐらい続いていましたが、それで自分の場合は大学を卒業して就職するという事になりましたから、生活環境が大きく変わって会う人も大きく変わったので、これが当たり前になってしまいました。
その為、今では整形したというような事を別にいうような事もありませんし、特に気にするという事もなくなっています。
これが当たり前の状態なので、特に何かを卑屈に感じたりすることもありません。
これで得をしたのかというと、微妙という事は言えるかもしれませんが、自分の中で納得しているというところが良かったところという事になるのかもしれない。
一重はやはり気になるところで時々ではありますが、二重の方が良いという事を感じてはいましたから、これは今の方が良いということなので、して良かったという事になるのかもしれません。
写真などで昔と今を比較すると確かに分かるのですが、今の姿に既に慣れているので、昔の写真は子供の頃の写真と同じような感じで懐かしく思うというぐらいの感覚になっています。
ですから、気になるという人はこうした整形はすべきなのかもしれません。

整形は特に痛いような事もなく、すぐに終わった / 自分の中で納得しているというところが良かった / ちょっとした整形ぐらいは誰でもするというような時代になる